プラントの施工管理ってどんな仕事?仕事内容とメリットデメリット


プラント施工管理の仕事内容

施工管理の仕事は建築業界などで多く見かけます。プラントの施工管理の仕事もそれと同様の仕事もあるものの、特殊性がある仕事もあります。まず、ベーシックな施工管理の業務内容ですが、これは一般的な建設現場の監督とほぼ一緒で、施工計画を作成したり、各工程や安全、原価や品質などを管理したり、関係する行政機関に提出する申請書類を作成することなどが含まれます。

続いて、プラントの設計や建設の施工管理者の仕事です。一口にプラントといっても、石油や化学物質など危険物を扱うプラントもあれば、食品を扱うなど衛生面で特段の配慮が必要となるプラントもあります。この点は、他の建設関係の施工管理よりも仕事のクオリティが求められることが多くなります。そして、プラントに設置された機器類のチェックや実際にプラントで作られた製品の品質チェックに加え、保守点検もプラント施工管理の重要な仕事です。

プラント施工管理の仕事のメリットとデメリット

プラント施工管理の仕事のメリットの一つは、比較的高い給料を得られることです。また、社会的に重要とされる設備を建設するため、自分の仕事が目に見える形で社会に貢献する様子を見ることができ、満足感が高い仕事と感じる人が多いようです。プラント施工管理の仕事のデメリットは、とにかく多忙であることです。プラント建設の現場では、職人と同様、朝早く出勤し、職人が帰ってからも事務処理など膨大な仕事があります。他の建造物と比べて複雑で大規模な建設現場となり、小さなミスが大事故を引き起こす可能性が高くなります。それで、働く人達への責任が重く、安全確保の重要性を十分に認識していないとできない仕事といえます。

プラントの派遣は、工場で求められるエンジニア向けの案件です。石油や化学などのプラントでは、専門技術を持った技術者の存在が不可欠です。