優秀な新卒を採用するために意識しなければいけない2つの事


学生生活で努力してきた人を採用する

新卒を採用する時には、出来る限り優秀な人を採用して将来会社に貢献出来る人を育てる必要があります。そこで、新卒を採用する時には学生生活で努力してきた人を積極的に採用します。例えば大学生の場合は、大学で研究や実習に積極的にチャレンジして実績を積んできたり、ボランティア活動に参加して地域貢献している学生に注目します。学業や地域貢献に力を入れている学生は、それだけ自分のスキルを高めたい、少しでも人の役に立ちたいという気持ちが強いので就職しても仕事に対する意識が強いです。

逆に学生生活で学業やボランティアに対しての意識が弱かった人は、就職しても貢献してくれるのか不透明なので採用を見送る事が大事です。

志望動機や仕事に対する意気込みに注目する

新卒を採用する時には、志望動機と仕事に対する意気込みに注目する事が必要です。面接で志望動機を聞いた時に、個性を感じる事が出来ないありきたりな答え方をした人は仕事に対する熱意が足りないことがあります。必ず就職して活躍したいという人は、志望動機を聞いた時に自分の個性を入れて他の人とは違った答え方をする事が多いので、志望動機を重視して採用します。また、面接では「この会社でどのような事をしたいですか?」と聞く事も必要です。

仕事に対する意気込みが強い人は、自分が就職した後の目標が明確な人が多く、自分が就職して何をしたいのかを力強く答えてくれます。逆に目標がない人は、会社で何をしたいのかを明確に答える事ができないです。面接では、応募者の意気込みの強さを確認します。

新卒採用コンサルティングは、新卒社員の定着率に課題を感じている企業にとっては打開策となる取り組みです。採用活動や方針など様々なアドバイスをもらう事が出来ます。