トラック運転手とは?どんな人が向いているの?


トラック運転手の仕事とは

依頼を受けた指定の荷物を荷揚げ場所から荷卸し場所までトラックを運転し、配送します。トラックと一言でいっても、大型、中型、小型、などがあり、運転するトラックによって必要な免許や作業内容が変わってくることがあります。トラック運転手は長距離を走り、荷物を届けるので人間関係のわずわらしさなどがありません。運転が好きな人ならば、ストレスをためないで仕事を続けることができるでしょう。

一人で仕事をするのが好き

トラック運転手はトラックを運転している間はずっと一人っきりになります。一人でいても寂しくない、黙々と仕事をしたい人には向いている仕事と言えるでしょう。孤独に耐えることができず、寂しさをまぎらわせることができない人は、仕事を退屈だと思い離職しやすくなります。

運転するのが得意・好きである

トラック運転手の最大の相棒は、トラックです。トラック運転手になるためにはある程度の運転スキルが必要になりますし、運転するのが好きというのも長く続ける上での脂質になります。大型トラック運転手やタンクローリードライバーの正社員だと、月収50万円以上稼いでいる人もいます。これらのトラックを運転するには大型免許と普通自動車第一種免許が必須なので、運転が得意であるならばトラック運転手として大活躍するでしょう。

真面目で強い責任感がある

トラック運転手はただ荷物乗せて走るだけではいけません。安全に、正確に、迅速に運ぶことが必要になり、そこには大きな責任が伴います。事故にあったり、荷物に傷がついたりしたら損害が大きくなり、お客さんに迷惑をかけることになるでしょう。常に責任感を持ち続けられる人は、真面目に任務を遂行することができ、様々な人たちと強い信頼関係を築くことができるはずです。

トラックドライバーの求人は、労働時間だけでなく拘束時間が長いものが目立ちますが、それほど運転の経験が長くない人でも高収入を狙うことができます。